【独学で合格!】北海道教員採用試験の難易度は低下傾向?対策法まとめ

pref-hokkaido-recruit-teacher-nannido

  • 北海道教員採用試験は難しいの?
  • 北海道教員採用試験に合格するには?
  • 北海道教員採用試験はどんな内容なの?

このような疑問に回答します。

結論からいうと、北海道教員採用試験の難易度は低いです。

試験レベルは中学~高校程度ですし、倍率も平均3倍ですからね。

とはいえ、試験内容は複雑で幅広いので、対策することが難しい試験といえるでしょう。

そこで今回は北海道教員採用試験に受かるための情報をまとめていきます。

札幌市は共同で実施

札幌市教員採用試験も同じ内容で実施しています。詳しくは「札幌市教員採用試験の難易度は北海道より高い?試験内容や合格率を紹介」をご覧ください。

本記事を読めば試験の全体像から具体的な傾向まで理解できますよ。

初めて北海道教員採用試験を受験する人はもちろん、なかなか合格できずに悩んでいる受験者さんにもおすすめです。

一つでも情報を吸収して北海道の教員になってください!

さっそくみていきましょう。

関連記事【都道府県別】教員採用試験の難易度は?簡単・難しい自治体を紹介

北海道が求める教員像

最初に北海道がどんな人物を求めているのか、どんな先生になってほしいのか紹介します。

北海道教育委員会は、このような人物を求めています。

面接でも内容を聞かれることがあるので、必ず把握してください。

参考資料北海道教育推進計画 (hokkaido.lg.jp)

北海道教員採用試験の受験資格は3つ

続いて、北海道教員採用試験の受験資格について確認しましょう。

  • 教員免許
  • 年齢制限
  • 欠格事由

確認するのはこの3つです。

教員免許状の種類

一つ目の受験資格は教員免許状を持っていること(見込み)です。

校種条件
小学校小学校教諭の普通免許状
中学校受験教科(科目)の中学校教諭の普通免許状
高校※受験教科(科目)の高等学校教諭の普通免許状
特別支援学校特別支援学校教諭の普通免許状にくわえて該当校種・教科の普通免許状
養護教諭養護教諭の普通免許状
栄養教諭栄養教諭の普通免許状

※「情報」を志望する場合は、「情報の免許+他教科の免許」が必要。

福永
福永

大学生などで免許が取得できなかった場合は採用されないので注意が必要です。

年齢制限

2つ目の受験資格は年齢制限です。

教員採用試験は自治体によって受験できる年齢に違いがあります。

北海道では、優秀な人材を確保する方針から年齢制限を実質撤廃しており令和4年度(2022年度)は「昭和37年4月2日以降に生まれた人(59歳)」が受験資格を得ました。

この傾向は全国的に広がっており、約7割の自治体が年齢制限を緩和しています。

詳しくは下記記事で解説しています。

関連記事【都道府県一覧】教員採用試験の年齢制限は撤廃傾向?【40代でもOK】

欠格事由

3つ目の受験資格は、以下の欠格事由に該当しないことです。

  • 禁固以上の刑に処せられていないか。
  • 教育職員免許状失効、取上げの処分を受けて3年以内。
  • 地方公共団体において懲戒免職処分を2年以内に受けている。
  • 日本国憲法を破壊する政党や団体を結成、加入している。

普通に生活していれば問題ないと思います。

この3つの条件を満たすことが受験するために必要です。

北海道教員採用試験の募集教科と採用人数

続いて、募集教科と採用人数を紹介します。

教員採用試験の採用人数は、子どもの数や教員の退職者数などをもとに決定。

そのため、年度によって差がでますし、募集されない教科がでることもあるんですね。

参考)令和4年度(2022年度)の募集教科と採用人数

hokkaido-kyoinsaiyo-saiyouninzu
福永
福永

ちなみに高校の情報は2019年度、2018年度、看護は2021年度に募集されていません。

北海道教員採用試験の合格率(倍率)は上昇傾向?

続いて、北海道教員採用試験の合格率(倍率)を紹介します。

過去10年間の平均合格率(倍率)は17.9%(5.6倍)で、かなり低いことがわかります。

とはいえ、直近3年間の合格率(倍率)は33.0%(3.0倍)まで上昇しており、けっして難しいとは言えない状況になっています。

参考)合格率(倍率)の推移【令和4年度~平成25年度】

年度合格率倍率
令和4年度45.9%2.2
令和3年度40.0%2.5
令和2年度18.6%5.4
平成31年度29.4%3.4
平成30年度15.0%6.6
平成29年度14.3%7.0
平成28年度11.3%8.8
平成27年度10.8%9.2
平成26年度9.5%10.5
平成25年度10.6%9.4

なお、科目・試験ごとの倍率は下記記事でまとめているので確認してください。

関連記事北海道教員採用試験の倍率推移を校種・教科別に解説!対策法も紹介!

北海道教員採用試験の流れ(日程)

教員採用試験は「出願 ⇒ 一次試験 ⇒ 二次試験 ⇒・・・」というプロセスで試験が進んでいきます。

北海道教員採用試験の主な流れは次のとおり。

北海道教育委員会の説明会(セミナー)

年末から4月頃にかけて大学や予備校などで開催されています。

・年内~1月:前年度試験の振り返り
・2月~4月:今年度の詳細

強制参加ではありませんが、モチベーションを上げたり、面接のネタが増えたりするかもしれないので、暇だったらいきましょう。

なお、北海道内に限らず、他県でも行う場合もあります。

出願手続き(4月中下旬~5月中旬)

書類郵送とWebエントリー(ネット出願)の2つの手続きが必要です。

提出書類は採用後も使用されるので、過不足なく入力しましょう。

一次試験(6月下旬)

筆記試験(一般・教職教養と専門教養)が実施されます(一般選考の場合)。

一次試験の合格発表(7月下旬)

筆記試験の合計点で合否が決定されます。

一次試験に合格すると二次試験を受験。

二次試験(8月下旬)

面接試験を中心に、専門試験や実技試験が実施されます。

最終合格(9月中下旬)

二次試験に合格すると採用候補者名簿に登載され、面談等を行ったあと翌年4月1日付で採用。

このように説明会から最終合格まで長い月日がかかります。

試験内容も幅広いので計画性を持って対策しましょう。

【北海道教員採用試験】一次試験の内容

北海道教員採用試験は、一次試験と二次試験の段階式で選考が行われています。

まずは一次試験の内容を確認してみましょう。

  • 教養検査(一般・教職教養)
  • 専門検査(専門教科)

このような筆記試験が実施されます。

教養検査(一般・教職教養)

教養検査は、「教職教養」と「一般教養」で構成される筆記試験です。

教職教養:主に教員として知っておくべき知識
一般教養:小学校から高校までに学んだ知識

要は科目の多い大学入学共通テスト(センター試験)のようなもので、その多くが高校までに学んだ内容です。

校種・教科に関わらず、全員が同じ問題に解答します。

特徴は試験科目の多さで10科目以上もあるんですよね…。

試験レベルは簡単ですが、この科目数なので対策に苦労する人が多いです。

闇雲に手をつけるのではなく、出題傾向を理解して効率よく勉強することが重要!

詳しい出題傾向は下記記事を参考にしてください。

関連記事北海道・札幌市教員採用試験 教養検査の勉強法3ステップ

専門検査(専門教養)

専門試験は志望する教科に関する筆記試験です。

基礎的な知識問題にくわえて、学習指導要領に関する出題も見られます。

・出題形式:択一式(マークシート)

・試験時間:60分

・問題数:科目による

まずは過去問を見て試験レベルの把握をしてから勉強をはじめましょう!

専門科目の勉強方法を下記記事で解説しています。

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

これらの試験に合格すれば、二次試験を受けることができます。

続いて二次試験の内容を見ていきましょう。

【北海道教員採用試験】二次試験の内容

一次試験に合格すると、二次試験が控えています。

二次試験の内容は次の3つ

  • 教科等指導法
  • 面接試験
  • 実技試験

順番に解説していきます。

教科等指導法

教科等指導法検査とは、志望教科の学習指導要領をもとに実際の指導案を作成する試験です。

試験時間は60分で、2~3題に解答。

評価はA~Eの5段階で、D、E評価は不合格となります。

実際に自分の答案が正しいかどうかは1人では判断できないので、勤務先の校長先生や予備校などに添削してもらうことが重要!

詳しくは下記記事をご覧ください。

関連記事【すぐわかる!】北海道・札幌市教員採用試験 教科等指導法検査

面接試験

個人面接は、複数の質問に回答させることで「北海道の教員としてふさわしい資質能力を備えているか」を評価する人物試験です。

特徴は1人2回の面接があること。

個人面接Ⅰ:主に人間性を評価
個人面接Ⅱ:主に教員としての資質・適性を評価

面接では出願時に提出すエントリーシートなどをもとに質問されるので、時間をかけて作成することが重要です。

評価はA~Eの5段階で、D評価以下がつくと不合格になるので注意しましょう。

過去に聞かれた質問内容などは下記記事をご覧ください。

関連記事【北海道・札幌市教員採用の面接対策】過去の質問と効率的な対策法!

実技試験

実技試験は、子どもたちを指導していくために必要な能力や技能に関する実践力を評価する試験です。

※実施教科は、小学校、保体(令和4年度は中止)、音楽、英語が対象。

内容は教科によって様々ですが、出来て当然の内容ばかりです。

そのため練習をしっかりして臨むことが重要。

参考)実技試験の内容

令和4年度(2022年度) 実技試験の内容と進め方

令和3年度(2021年度) 実技試験の内容と進め方

評価はA~Eの5段階で、D、E評価は不合格となります。

試験内容がだいたいわかったところで、配点を確認してみましょう。

北海道教員採用試験の配点

北海道教員採用試験では、一次試験と二次試験の合計で合否を決定します。

試験ごとの配点は次のとおり。

参考:試験ごとの配点(令和4年度)

試験配点
教養検査40点
専門検査100点
個人面接A~Eの5段階
教科等指導法A~Eの5段階
実技試験A~Eの5段階

傾向として二次試験の配点が高いです。

福永
福永

受験者の報告を聞く限り、筆記試験の点数が低くても面接の評価が高いと受かっているんですよね。

なので、筆記試験の対策ばかりに時間を費やしても最終合格できるわけではありません。

どの試験でも平均点よりも上を狙えるように準備しましょう。

足切り

ある試験が一定の水準に満たないと、仮に満点の試験があっても不合格になることがあります。

これを足切りといいます。

筆記試験では2割以下、面接では5段階のうち最低評価を受けると危険です。

足切りにならないためにもバランスよく対策してください。

【北海道教員採用試験は難しくない】対策が面倒

本記事は北海道教員採用試験の対策を始めるための情報をまとめていました。

北海道教員採用試験の難易度は決して高くはありません。

しかし、試験内容が幅広いことや、試験科目・範囲が膨大なので対策方法が難しいといえます。

使える時間はどの受験者さんも同じですが、どう使うかは人それぞれです。

このサイトをフル活用して合格を勝ち取りましょう!

今回は以上です。