鳥取県教員採用試験の難易度は高い?過去の倍率推移を教科別に解説!

tottorikennkyouinnsaiyousikennnobairitu

  • 鳥取県教員採用試験は難しいの?
  • どんな試験なの?
  • 倍率はどれくらいなの?

本記事では、このような悩みを解決します。

本記事を読めば鳥取県教員採用試験に受かる方法がわかりますよ

教員採用試験は難しいと言う人もいれば、簡単になったと言う人もいますが、僕が思うに試験自体は難しくありません。

しかし、対策はとても難しい試験だと思っています。

そこで今回は鳥取県教員採用試験が難しいと思う理由を3つ解説したあと、具体的な試験内容や対策方法を紹介していきます。

実際の試験結果(倍率)も過去5年分まとめているので参考にしてください。

福永
福永

全国の倍率推移も下記記事で解説中!

関連記事【都道府県別】教員採用試験の倍率推移一覧【全国で低下傾向】

【鳥取県教員採用試験】難しい3つの理由

pref-tottori-teacher-recruit-level

鳥取県教員採用試験が難しいと思う理由は次の3つ。

  • 明確な基準がない
  • 勉強する科目が多い
  • 試験内容の幅が広い

それぞれ解説していきます。

理由①:基準がない

1つ目の理由は、合否の基準が明確でない「相対評価」だからです。

資格試験などの絶対評価とは違い、何点取れば合格という基準がなく成績上位の数パーセントしか合格できません。

kyouinsaiyousikenngamuzukasiiriyuu

極端な話、6割の成績で合格できる年度もあれば、8割あっても不合格ってこともあるわけです

採用数や受験者数によっても基準が動くため、難しいと言えるでしょう。

理由②:勉強する科目が多い

二つ目の理由は、勉強する科目が多いことです。

教員採用試験は「とにかく勉強する科目も範囲も広い」のが特徴的な試験。

代表的な筆記試験が「一般・教職教養」と「専門教養」の2つ。

kyouinnsayiyousikengamuzukasiiriyuu

さらに社会は「日本史・世界史・地理・政治・経済」、理科は「物理・化学・生物・地学」に細分化されていて、合計で15科目くらい出題されているんですね・・・。

通学しながら、働きながら勉強もしなければいけないため、簡単に合格はできません。

理由③:試験内容の幅が広い

そして最後の理由が、試験内容の幅が広いことです。

鳥取県では、筆記試験に合格すると、面接や模擬授業などが実施される二次試験が待ち構えています。

最近は面接重視の傾向が強く、どれだけ筆記で高得点を取ったとしても、面接がダメだったら即不合格なんですよね。

理由①でも触れましたが、個人面接や集団面接は筆記試験以上に基準が不透明(人が人を評価する)なので、対策に苦労する人がとても多いです。

傾向を把握して、効率よく対策していきましょう。

鳥取県教員採用試験が難しい理由
  • 合格の基準が決まっていない
  • 勉強する科目が多い
  • 試験内容が幅広い

【鳥取県教員採用試験】傾向(概要)

pref-tottori-teacher-recruit-keikou

最初に鳥取県教員採用試験の概要を簡単に紹介します。

  • 求める教員像
  • 受験資格(年齢制限)
  • 試験日程(最終合格までの流れ)

順番に解説します。

求める教員像

  • 児童生徒に対する深い理解と教育的愛情のある教師
  • 教科等に関する専門的な知識・技能と実践的な指導力を持つ教師
  • 課題解決に向けた柔軟な発想と対応能力を持つ教師
  • 組織の構成員としての自覚と協調性のある教師
  • 社会人としての豊かな教養、優れた人権意識を持つ教師

この5項目を求める教員像としています。

面接でも内容を問われることがあるため必ず把握しておきましょう。

受験資格(年齢制限)

鳥取県では、優秀な人材を幅広く採用する方針のもと年齢制限を実質撤廃しています。

令和4年度は「昭和37年4月2日以降に生まれた人」が対象。

この傾向は全国的に展開されており、約7割の自治体で年齢制限を緩和しています。

詳しくは下記記事をご覧ください。

関連記事【都道府県一覧】教員採用試験の年齢制限は撤廃傾向?【40代でもOK】

試験日程(令和4年度)

出願期間

令和3年4月9日(金)午前10時から令和3年4月30日(金)午後5時まで

一次試験
  • 小学校:6月20日
  • 中学校:6月27日
  • 高校:6月27日
  • 特別支援学校:6月20日
  • 養護教諭:6月20日

一次試験の合格発表は8月3日。

二次試験

令和3年8月28日(土)から令和3年9月5日(日)までの間(予定)で、指定す
る1日又は2日。

最終合格

9月30日

令和4年度(2022年度)は、このような流れで試験が実施されています。

なお、教員採用試験は日程がかさなっていなければ、複数の自治体を受験することができます。

他県の日程を下記記事で紹介しているので、参考にしてください。

関連記事【都道府県別】2022年度教員採用試験の日程を徹底解説【全国一覧】

【鳥取県教員採用試験】小学校の倍率一覧

pref-tottori-teacher-recruit-bairitsu-syougakkou

ここでは鳥取県教員採用試験の小学校教諭を志望する方向けに、以下のデータをまとめています。

  • 過去の倍率推移
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは過去の推移をみて現在の状況を確認してください。

そのあとで、どの試験が重要なのか把握して効率よく対策をはじめましょう

過去5年間の倍率推移

 年度※受験者合格者倍率
20224431682.6
20213951163.4
20204841044.7
20192241042.2
2018223902.5
※併願者を含む。

一次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
20224432841.6
20213953011.3
20204843191.5
20192241961.1
20182231551.4
※一次免除者、併願者を含む。

一次試験の内容

項目内容
一般教養一般常識を問う筆記試験(マークシート方式)
専門試験国語、社会、数学、理科、英語の各教科及び教職教養に関
する筆記試験(マークシート方式)
適性検査職務適性等を測る検査
令和4年度の試験内容

配点は、一般教養100点に対して専門試験は200点あるので優先して勉強しましょう。

参考資料試験の平均点を確認する(令和4年度)

勉強方法を下記記事で解説しています。

関連記事【初学者向け】教員採用試験 勉強方法を徹底解説!

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

二次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
20222841681.7
20213011162.6
20203191043.1
20191961041.9
2018155901.7
※二次受験者は非公表。

二次試験の内容

項目内容
集団面接グループワークを含む集団面接
個人面接場面指導を含む個人面接
実技試験音楽(弾き歌い)、ICT活用
令和4年度の試験内容

配点は、個人面接と集団面接がそれぞれ270点、実技試験は50点となっています。

面接だけで540点もあるため、ここで点数が取れないと鳥取県の先生になることはできません。

筆記対策ばかりに時間を使いがちですが、早い段階から面接対策もすることが大切です。

関連記事【合格に必須】教員採用試験の面接対策はいつからすべき?始め方を徹底解説

関連記事教員採用試験 集団面接を攻略する3つのコツ【質問例あり】

【鳥取県教員採用試験】中学校の倍率一覧(教科別)

pref-tottori-teacher-recruit-bairitsu-tyuugakkou

ここでは鳥取県教員採用試験の中学校教諭を志望する方向けに、以下のデータを科目別にまとめています。

  • 過去の倍率推移
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは過去の推移をみて現在の状況を確認してください。

そのあとで、どの試験が重要なのか把握して効率よく対策をはじめましょう

過去5年間の倍率推移

科目20222021202020192018
国語2.94.02.92.33.4
社会5.36.66.46.411.2
数学4.24.83.95.57.4
理科3.76.26.18.07.2
音楽3.34.03.33.84.3
美術2.52.05.01.33.0
保健体育4.36.99.85.79.0
技術1.01.51.0
家庭2.01.01.75.0
英語2.82.53.22.43.1

一次試験の倍率データ

科目20222021202020192018
国語1.91.61.21.31.5
社会2.32.41.92.03.1
数学1.81.91.51.82.2
理科1.91.91.82.22.4
音楽1.41.31.71.91.7
美術1.71.31.31.01.5
保健体育2.11.81.41.72.7
技術1.01.01.01.0
家庭2.01.01.31.0
英語1.41.71.61.31.3

一次試験の内容

項目内容
一般教養一般常識を問う筆記試験(マークシート方式)
専門試験各試験区分・教科及び教職教養に関する筆記試験に加え、一部の試
験区分・教科において技能・実技試験を課します。
適性検査職務適性等を測る検査
令和4年度の試験内容

配点は、一般教養100点に対して専門試験は250点あるので優先して勉強しましょう。

参考資料試験の平均点を確認する(令和4年度)

勉強方法を下記記事で解説しています。

関連記事【初学者向け】教員採用試験 勉強方法を徹底解説!

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

二次試験の倍率データ

科目20222021202020192018
国語1.62.62.41.82.3
社会2.32.83.43.13.6
数学2.32.62.63.03.4
理科2.03.33.43.63.0
音楽2.33.02.02.02.5
美術1.51.54.01.32.0
保健体育2.13.76.83.33.3
技術1.01.51.0
家庭1.01.01.35.0
英語2.01.52.01.92.4

二次試験の内容

項目内容
集団面接グループワークを含む集団面接
個人面接場面指導を含む個人面接
令和4年度の試験内容

配点は、個人面接と集団面接がそれぞれ270点となっています。

面接だけで540点もあるため、ここで点数が取れないと鳥取県の先生になることはできません。

筆記対策ばかりに時間を使いがちですが、早い段階から面接対策もすることが大切です。

関連記事【合格に必須】教員採用試験の面接対策はいつからすべき?始め方を徹底解説

関連記事教員採用試験 集団面接を攻略する3つのコツ【質問例あり】

【鳥取県教員採用試験】高校の倍率一覧(教科別)

pref-tottori-teacher-recruit-bairitsu-koukou

ここでは鳥取県教員採用試験の高校教諭を志望する方向けに、以下のデータを科目別にまとめています。

  • 過去の倍率推移
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは過去の推移をみて現在の状況を確認してください。

そのあとで、どの試験が重要なのか把握して効率よく対策をはじめましょう

過去5年間の倍率推移

科目20222021202020192018
国語5.84.813.013.016.0
世界史4.54.5
日本史5.316.06.0
地理11.04.012.08.5
数学8.010.58.56.716.0
物理地学5.09.0
化学8.05.07.05.5
生物6.57.05.5
保健体育8.212.08.511.3
音楽4.05.04.0
美術7.03.06.0
書道6.010.012.09.04.0
英語8.37.02.78.013.0
家庭2.52.51.36.05.5
農業2.73.72.02.54.5
工業1.02.33.05.02.5
商業8.04.04.714.0
水産2.0
情報6.09.0
福祉3.0

一次試験の倍率データ

科目20222021202020192018
国語1.91.92.22.22.7
世界史1.81.81.5
日本史2.73.22.4
地理2.22.41.73.4
数学2.52.22.02.52.7
物理地学2.01.73.0
化学2.71.71.22.2
生物1.41.61.4
保健体育2.01.81.52.0
音楽2.01.31.32.0
美術1.81.31.52.02.0
書道3.02.53.02.32.0
英語2.52.31.81.81.9
家庭1.31.01.02.02.2
農業1.61.12.01.71.8
工業1.01.31.52.52.5
商業1.61.31.82.3
水産1.0
情報2.03.0
福祉1.0

一次試験の内容

項目内容
一般教養一般常識を問う筆記試験(マークシート方式)
専門試験各試験区分・教科及び教職教養に関する筆記試験に加え、一部の試
験区分・教科において技能・実技試験を課します。
適性検査職務適性等を測る検査
令和4年度の試験内容

配点は、一般教養100点に対して専門試験は250点あるので優先して勉強しましょう。

参考資料試験の平均点を確認する(令和4年度)

勉強方法を下記記事で解説しています。

関連記事【初学者向け】教員採用試験 勉強方法を徹底解説!

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

二次試験の倍率データ

科目20222021202020192018
国語3.02.56.06.06.0
世界史2.53.0
日本史2.05.02.5
地理5.01.77.02.5
数学3.24.84.32.76.0
物理地学3.03.0
化学3.03.06.02.5
生物4.54.54.0
保健体育4.26.85.85.7
音楽3.04.02.0
美術4.02.03.0
書道2.04.04.04.02.0
英語3.33.01.54.57.0
家庭2.02.51.33.02.5
農業1.73.31.01.52.5
工業1.01.82.02.01.0
商業5.03.02.76.0
水産2.0
情報3.03.0
福祉3.0

二次試験の内容

項目内容
集団面接グループワークを含む集団面接
個人面接場面指導を含む個人面接
令和4年度の試験内容

配点は、個人面接と集団面接がそれぞれ270点となっています。

面接だけで540点もあるため、ここで点数が取れないと鳥取県の先生になることはできません。

筆記対策ばかりに時間を使いがちですが、早い段階から面接対策もすることが大切です。

関連記事【合格に必須】教員採用試験の面接対策はいつからすべき?始め方を徹底解説

関連記事教員採用試験 集団面接を攻略する3つのコツ【質問例あり】

【鳥取県教員採用試験】特別支援学校の倍率一覧

pref-tottori-teacher-recruit-bairitsu-tokubetsushiengakkou

ここでは鳥取県教員採用試験の特別支援教諭を志望する方向けに、以下のデータをまとめています。

  • 過去の倍率推移
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは過去の推移をみて現在の状況を確認してください。

そのあとで、どの試験が重要なのか把握して効率よく対策をはじめましょう

過去5年間の倍率推移

年度※受験者合格者倍率
2022103264.0
202194293.2
202073252.9
201964302.1
201872203.6
※併願者含む

一次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
2022103651.6
202194671.4
202073541.4
201964601.1
201872481.5
※一次免除者、併願者含む。

一次試験の内容

項目内容
一般教養一般常識を問う筆記試験(マークシート方式)
専門試験特別支援教育、国語、社会、数学、理科、英語の各教科及
び教職教養に関する筆記試験(マークシート方式)
適性検査職務適性等を測る検査
令和4年度の試験内容

配点は、一般教養100点に対して専門試験は200点あるので優先して勉強しましょう。

参考資料試験の平均点を確認する(令和4年度)

勉強方法を下記記事で解説しています。

関連記事【初学者向け】教員採用試験 勉強方法を徹底解説!

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

二次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
202265262.5
202167292.3
202054252.2
201960302.0
201848202.4
※二次受験者は非公表

二次試験の内容

項目内容
集団面接グループワークを含む集団面接
個人面接場面指導を含む個人面接
実技試験音楽(弾き歌い)、ICT活用
令和4年度の試験内容

配点は、個人面接と集団面接がそれぞれ270点、実技試験は50点となっています。

面接だけで540点もあるため、ここで点数が取れないと鳥取県の先生になることはできません。

筆記対策ばかりに時間を使いがちですが、早い段階から面接対策もすることが大切です。

関連記事【合格に必須】教員採用試験の面接対策はいつからすべき?始め方を徹底解説

関連記事教員採用試験 集団面接を攻略する3つのコツ【質問例あり】

【鳥取県教員採用試験】養護教諭の倍率一覧

pref-tottori-teacher-recruit-bairitsu-yougokyouyu

ここでは鳥取県教員採用試験の養護教諭を志望する方向けに、以下のデータをまとめています。

  • 過去の倍率推移
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは過去の推移をみて現在の状況を確認してください。

そのあとで、どの試験が重要なのか把握して効率よく対策をはじめましょう

過去5年間の倍率推移

年度受験者合格者倍率
2022114912.7
202158105.8
20205286.5
201955153.7
201847153.1

一次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
2022114293.9
202158242.4
202052252.1
201955341.6
201847301.6
※一次免除者含む

一次試験の内容

項目内容
一般教養一般常識を問う筆記試験(マークシート方式)
専門試験養護教諭及び教職教養に関する筆記試験
適性検査職務適性等を測る検査
令和4年度の試験内容

配点は、一般教養100点に対して専門試験は200点あるので優先して勉強しましょう。

参考資料試験の平均点を確認する(令和4年度)

勉強方法を下記記事で解説しています。

関連記事【初学者向け】教員採用試験 勉強方法を徹底解説!

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

二次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
20222993.2
202124102.4
20202583.1
201934152.3
201830152.0
※二次受験者は非公表。

二次試験の内容

項目内容
集団面接グループワークを含む集団面接
個人面接場面指導を含む個人面接
令和4年度の試験内容

配点は、個人面接と集団面接がそれぞれ270点となっています。

面接だけで540点もあるため、ここで点数が取れないと鳥取県の先生になることはできません。

筆記対策ばかりに時間を使いがちですが、早い段階から面接対策もすることが大切です。

関連記事【合格に必須】教員採用試験の面接対策はいつからすべき?始め方を徹底解説

関連記事教員採用試験 集団面接を攻略する3つのコツ【質問例あり】