岐阜県教員採用試験は難しいけど簡単?独学で始める合格戦術を解説!

prefgifu-kyosai-sikennaiyo

  • 岐阜県教員採用試験はどれくらい難しいの?
  • 合格するには、どんな試験対策が必要なの?
  • 試験内容や傾向が知りたい!

文部科学省の資料(令和3年2月2日公表)によると、教員採用試験の競争率は3.9倍で過去最低を記録したようです。

採用者数は増加傾向(+106人)にある一方で、受験者数は激減(-10.423人)しているので簡単になっていると思うかもしれません。

参考出典公立学校教員採用選考試験の実施状況について:文部科学省 (mext.go.jp)

結論からいうと、岐阜県の難度はそこまで高くありません。

令和4年度(2021年実施)の最終倍率は2.8倍で、全国平均をはるかに下回っています。校種によっては2倍を切ることもあるため、対策をしっかりやれば合格は十分可能でしょう。

とはいえ、岐阜県の試験内容は幅広いので、計画を立てながら準備をしないことには合格は難しいです。

今回は岐阜県教員採用試験の概要を含む試験情報をまとめています。

本記事を読めば、傾向や対策方法も解説しているので合格に向けて準備をはじめることができますよ。

岐阜県教員採用試験の日程はいつなの?

pref-gifu-kyouin-saiyo-nittei

これから対策をはじめる人でも分かるように、岐阜県教員採用試験の出願から最終合格までの流れもまとめています。

試験日を把握していないと、「いつから、いつまでに、何をすればいいのか」といった計画が立てられないので、しっかり確認してくださいね。

※ここでは令和4年度(2022年度)の流れを紹介しています。

流れ①:募集要項の配布

令和3年4月26日〜。

募集要項には、試験内容や募集教科などの詳細が書かれているので必ず確認してください。

流れ②:出願

令和3年4月26日〜5月21日。

令和4年度から出願方法が、電子申請(インターネット)のみとなりました。

また、選考試験の案内や受験番号の通知、選考試験結果についてもメールでお知らせされます。

流れ③:一次試験

令和3年7月17日(土)

結果発表は7月30日

一次試験の内容は筆記試験と集団面接です。詳細は後述しているので確認してください。

流れ④:二次試験

①令和3年8月17日(全員)。
②令和3年8月17日~19日(指定された日)

二次試験は上記の期間内で指定された日に実施。一次試験の合格通知に、実施日が記載されているので確認してください。

個人面接や論文、実技試験が課されます。詳細は後述しているので確認してください。

流れ⑤:合格発表

令和3年9月17日。

二次試験に合格すれば、最終合格者として名簿に記載され、翌年4月1日から勤務がはじまりますよ!

出願から最終合格まで約半年の月日がかかります。計画を立てて対策をはじめましょう。

なお、試験日は自治体によって異なっており、複数受験をすることができます。全自治体の日程を下記記事でまとめているので参考にしてみてください。

関連記事【都道府県別】2022年度教員採用試験の日程を徹底解説【全国一覧】

岐阜県教員採用試験の倍率はどれくらい?

pref-gifu-kyouin-saiyo-bairitsu

令和4年度(2021年実施)の最終倍率は2.8倍で、前年度(2.9倍)から減少しました。

校種別に見ると小学校や中学校は減少傾向ですが、養護教諭や栄養教諭は上昇しており難度が高くなっています。

いずれにしても全国平均より高い傾向にあるため、簡単に合格することはできません。はやめの準備が必要でしょう。

令和4年度(2022年度)

校種受験者合格者倍率
小学校5503021.8
中学校4731732.7
高校5631274.4
特別支援154622.5
養護教諭154305.1
栄養教諭2964.8
合計1,9317002.8

令和3年度(2021年度)

校種受験者合格者倍率
小学校6003012.0
中学校4921742.8
高校5931384.3
特別支援242803.0
養護教諭159325.0
栄養教諭37103.7
合計2,1237352.9

令和2年度(2020年度)

校種受験者合格者倍率
小学校6102852.1
中学校5261653.2
高校6201334.7
特別支援204772.6
養護教諭139304.6
栄養教諭43314.3
合計2,1426933.1

なお、下記記事でより詳しい倍率データ(教科別、一次試験、二次試験など)をまとめているので参考にしてみてください。

関連記事岐阜県教員採用試験の倍率はどれくらい?過去の推移を校種・教科別に徹底解説!

岐阜県教員採用試験の内容は?

pref-gifu-kyouin-saiyo-shikennaiyo

ここでは岐阜県教員採用試験で実施される試験内容をまとめています。

  • 教職教養
  • 教科専門
  • 集団面接
  • 個人面接
  • プレゼンテーション面接
  • 論文試験
  • 論述試験(高・特支を除く)
  • 実技試験(一部科目)

主な試験の傾向を見ていきましょう。

内容①:教職教養

教職教養は、「生徒指導や法律など、教師として必要な知識」に関する筆記試験で、一次試験に実施されます。

gihuken-kyouinsaiyousiken-kakomon
岐阜県教員採用試験の過去問より抜粋

特徴は「教職教養分野」からしか出題されないことです。

多くの自治体で出題される一般教養分野(国語や数学など)は、まったく出てきません。

科目数が少ないため対策はしやすいですが、高得点が必要なので傾向を把握して勉強するようにしましょう。

試験科目や出題傾向を下記記事で解説しているので確認してみてください。

関連記事【傾向】岐阜県教員採用試験 教職教養の勉強法|過去問を使って攻略せよ!

内容②:教科専門

教科専門試験は、志望する教科に関する専門知識を問う筆記試験で一次試験に実施されます。

一般教養・教職試験に比べると、科目数は多くないけど、出題レベルが高いので、難しく感じるかもしれません。

教科によっては専門知識の他に「学習指導要領」からも出題があります

gihuken-kyouinsaiyousiken-kakomon2

また、教職教養と比べて、配点が2.5倍~6倍あるため高得点をとることが合格に必須といえるでしょう(配点は後述)。

具体的な勉強方法を下記記事で解説しているので参考にしてみてください。

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

内容③:集団面接

  • あなたは、なぜ教師を志望しようと思ったのですか?
  • 児童生徒に信頼される教師とはどのような教師だと思いますか?
  • 児童生徒の学習意欲を高めるにはどうするとよいと考えますか?

こういった質問に答えることで「教育観」や「教員としての資質」を評価する試験です。実施は一次試験。

個人面接と違い、周りに受験者もいるためやりにくいと感じる人も多いです。

詳しい進行方法などを下記記事で解説しているので、参考にしてみてください。

関連記事岐阜県教員採用試験 集団面接の過去問|ポイントは結論から!

内容④:個人面接

  • 1分間で自己PRをしてください。
  • 岐阜県の教員を志望する理由は何ですか。
  • 岐阜県が求める教員像を知っていますか。

個人面接は、こういった質問に回答しながら、以下の観点に沿って10段階で評価をつけます。

gihuken-kyouinsaiyousiken-mensetsu-hyouka
出典:岐阜県教員採用試験 選考の概要

配点は二次試験で一番高く、面接の出来次第で合否が決まると言っても過言ではありません。

はやめに自己分析をして準備することが大切です。

過去の質問や流れを下記記事でまとめています。参考にしてください。

関連記事岐阜県教員採用試験 個人面接の過去問|対策法まとめ

内容⑤:プレゼンテーション面接

 あなたは,小学校2年生の担任です。学級遊びの集合に遅れてきたAさんに理由を聞くと,1年生の子が転んで泣いていたので保健室に連れていったことが分かりました。あなたは,このことを取り上げて,学級の児童に対して,どのような話をしますか。

プレゼンテーション面接は、このような学校生活で起こりうる状況に対して、実際に演じる試験です。場面指導って言ったりもします。

試験の流れは次のとおり。

gihuken-kyouinsaiyousiken-purezennagare
出典:岐阜県教員採用試験 選考の概要

的確な指導はもちろん、表現力や行っている態度なども評価されるので表情豊かに実演することが大切です。

内容⑥:論文試験

gihuken-kyouinsaiyousiken-ronbun-kakomon
岐阜県教員採用試験 過去問より抜粋

論文試験は、このようなテーマに沿って自分の考えを文章にして書く試験です。

作文とは違うため、自分の考えだけでなく客観的な事実やデータも使いながら論理的に書かなければいけません

二次試験で実施されますが、苦手な人は多いので早めに対策することが大切です。

過去のテーマなどを下記記事でまとめています。参考にしてください。

関連記事岐阜県教員採用試験 論文の過去問|対策法3ステップ

内容⑦:論述試験

gihuken-kyouinsaiyousiken-ronzyutu-kakomon
岐阜県教員採用試験 過去問より抜粋

論述試験は、こういった教職教養や教育に関する知識について160字~200字の短文で論じる試験です。

教職教養の知識に加えて、要約力も必要なので、普段から簡潔に説明できる準備をしておくといいでしょう。

実施は二次試験で小学校・中学校・養護教諭・栄養教諭のみ行われます。

詳しくは下記記事で解説しているので、確認してください。

関連記事岐阜県教員採用試験の【論述】試験って何?過去問や書き方を徹底解説!

岐阜県教員採用試験の配点

pref-gifu-kyouin-saiyo-haiten

試験の配点は校種によって異なります。

詳細は次のとおり。

小学校 / 中学校

試験配点
教職教養80
教科専門220
集団面接200
論文150
論述100
実技試験200
個人面接350
プレゼン200
令和4年度のデータ

高等学校 / 特別支援学校

実技試験のある科目

試験配点
教職教養50
教科専門300
集団面接150
論文200
実技試験200
個人面接200
プレゼン200
令和4年度のデータ

実技試験のない科目

試験配点
教職教養50
教科専門300
集団面接150
論文200
個人面接350
プレゼン200
令和4年度のデータ

養護教諭 / 栄養教諭

試験配点
教職教養80
教科専門220
集団面接200
論文150
論述100
実技試験200
個人面接350
プレゼン200
令和4年度のデータ

配点の高い教科専門や面接対策を優先して取り組むことが重要です。

岐阜県教員採用試験の過去問

pref-gifu-kyouin-saiyo-kakomon

最新の過去問は、法務・情報公開窓口(岐阜県庁2階)にて閲覧等をすることができます。

また、協同出版が手掛ける「過去問シリーズ」は解説がついているので、勉強の最初に最適の1冊です。

下記記事でもまとめているので、参考にしてみてください。

面接系の過去問は公表されいてない受験者からのデータもあるため、かなり参考になると思いますよ!

教職教養の過去問

gifu-kyouinsaiyoushiken-matome 岐阜県教員採用試験の教職教養は難易度が低い?試験科目や勉強法を解説

集団面接の過去問

gifu-syumen1 岐阜県教員採用試験 集団面接の過去問|ポイントは結論から!

個人面接の過去問

gifu-interview2 岐阜県教員採用試験 個人面接の過去問|対策法まとめ

論文の過去問

gifu-ronbun4 岐阜県教員採用試験 論文の過去問|対策法3ステップ

論述の過去問

gihukenkyouinsaiyousiken-ronzyutu-kakomon 岐阜県教員採用試験の【論述】試験って何?過去問や書き方を徹底解説!

岐阜県教員採用試験の難易度まとめ

pref-gifu-kyouin-saiyo-nannido

今回は、岐阜県教員採用試験に合格するための情報をまとめていました。

✓本記事のまとめ
  • 難度は全国的に低め。
  • 最近の倍率は2.8倍で過去最低。
  • 校種によっては2倍を切る。
  • 試験内容は幅広い

岐阜県教員採用試験の倍率は全国的に低いですが、試験内容は多い自治体です。

そのため計画を立てて対策することが確実に受かるには必須。どれだけ倍率が低くても、対策せずに受かることは厳しいです。

このサイトでは、岐阜県教員採用試験の合格に役立つ情報を多く発信しています。うまく活用して対策を楽にしていきましょう!

今回は以上です。

岐阜県教員採用試験の対策におすすめ!